『女王と呼ばれた女』公式HPスペシャル対談!


主演・鳥居みゆき×演出・棚澤孝義
「女王に呼ばれた男」が舞台に挑戦するまで。

 主演・鳥居みゆきに声を掛けられて、『女王と呼ばれた女』で舞台を初演出することになった棚澤孝義。なぜ鳥居は棚澤に演出を託したのか? その理由と思いを赤裸々に語る!



鳥居 私、もう舞台はやめようと思ってたんですよ。でも今回、やりたくないと一番思っている時期だからこそ、やろうかなって。

棚澤 やっぱりちょっと離れているとやりたくなる。恋しくなる。

鳥居 そうなんですよ。でも、やりたいときにはやりたくないんです。

棚澤 なんかわかる気がする(笑)。僕もドラマを作っていて、この仕事が大好きなはずなのに「明日のロケに行きたくない、なにも考えつかない」みたいなことがしょっちゅうだから。で、今回は鳥居さんと共通の知り合いがいて、飲んでいるときに「舞台の演出をしてみない?」とお誘いいただいて。

鳥居 全然ドラマに出してくれないから、そっちが来てくれないなら、じゃあ私が行くよという感じで。でもね、コンビとかでもネタを書いていないほうが、初めて作るものって、つたないんだけど超面白いんですよ。もしかしたら万人受けしないかもしれないけど、私は好きなんです。あとはやっぱり人の童貞を奪いたくて。棚澤さんは、映像ではもういろいろやり尽くしているわけじゃないですか。だから、なにかやってないことはあるのかなと思ったときに舞台はやってないと聞いて「じゃあ筆下ろししていいっすか?」みたいな気持ちでお願いして。絶対に面白いものになるだろうから。

棚澤 それはわかんないですよ(笑)。

鳥居 みんなが面白くないと言ったとしても、私は絶対に面白がれるのがわかっているので安心してます。だって映像で成功しているのに、今から舞台の演出をするって面白くないですか?

棚澤 よく言われる(笑)。逆に面白がって「え、そんなことやるの?」と言ってくれる人が結構多いですね。

鳥居 私も面白そうだなと思ったら無料の路上ライブに出たりすることもありますけど、そういうノリ。ノリだからもう、なにをやってもいいやというよさってあるじゃないですか? 舞台で評価が得られなくても、棚澤さんはなにも痛くないはずなんですよ。

棚澤 そんなことないよ?! 痛いでしょ?! 傷つくの怖いです(笑)。

鳥居 でも、映像と舞台は違うジャンルだけど、演出という面では共通するものがあるじゃないですか。私もお笑いとしてはコントはやるけど、漫才はやらないじゃないですか。でも、お笑いをやっている以上、漫才とか漫談もやれるんですよ。だから棚澤さんも演出をやっている以上、舞台もやれるんです。やっていなかっただけで。

棚澤 3枚くらい乗っけられたような感じがしますけどね(笑)。

鳥居 違いますよ、もっと乗っけてます(笑)。よく言われるんですが、コントができる人には漫才ができるんですよ。漫才をやっている自分をコントにしちゃえばいいから。棚澤さんも映像を演出するときと同じように、この舞台にもイメージしている画があるだろうし、そのイメージが既に高いところで成立しているだろうから、私は全然心配していないんです。

(『女王と呼ばれた女』公演パンフレットに続く)