過去の公演情報

舞台『スリーアウト!~プレイボール篇~』

これは、春山女子高校野球部の10年に渡る3つの世代の物語。
時は1995年、「女子に硬球は危険」などと白い目を向けられながらも、「日中親善高等学校女子硬式野球大会」として日本初の女子硬式野球大会が開催された。先人たちの築いた道を頼りに、あの日から少しずつ全国に増えて行った女子硬式野球部という存在。それでもまだまだマイナースポーツという位置づけは変わらなかった。
主人公の亜希(17)は、子供の頃から野球を愛する兄の背中を追いかけ少年野球でプレイしていた。中学校まで部活で男子に交じってプレイしていたが、野球の道が閉ざされてしまう。そこには「女子野球」というマイナースポーツの壁があった。結局、女子硬式野球部のない高校に入ったが、男子の硬式野球部チームにも混ざれない。マネージャーになるという選択肢もあったが、亜希はまだまだプレイヤーでいたいと願った。野球をやりたいという気持ちを抑えながら、陸上部で汗を流し続けた。そんな高校2年生の夏のある日、甲子園で活躍する同じ学校の男子野球部を見て、居ても立っても居られなくなった。高校2年の夏という、大学受験勉強が激化し始めるタイミングで、一人、創部に向けて動き出す。野球に興味がない友人や人数合わせのために知人にも声を掛けるが、誰も首を縦に振ろうとしない。そもそも野球への興味がない人間が大半で、泥臭いスポーツの印象が不人気の理由だった。亜希は、たまに練習参加していたソフトボール部にも声を掛けたが、ソフトボールで手一杯でとても野球部を兼ねることなどできない。亜希の奮闘は空回りを続けるが、ある日、日本体育大学女子軟式野球部で野球をやっていた若い監督の鮫島が体育教師として学校に赴任してくる。女子野球の酸いも甘いも知った鮫島。亜希は、野球部の監督としてお願いしに行くのだが…。

【プレイボール篇】
根っからの野球少女だった亜希が、積年の夢であった女子硬式野球部を創部するために奔走する。
人材不足、偏見など様々なマイナースポーツの困難を乗り越えて部を結成し、初めての対外試合を実現させることになるのだが・・・。

「ホームラン篇」と「サヨナラ篇」の連続上演決定!
春山女子高校野球部の創立から10年間に渡る物語!
是非、続きでご覧ください!
 

<日程>
2018年8月22日(水)~8月26日(日)

8月22日(水) 19:30
8月23日(木) 19:30
8月24日(金) 15:00 / 19:30
8月25日(土) 13:00 / 17:00
8月26日(日) 13:00 / 17:00

※演出の都合上、開演をしてから数分間は客席へのご案内が出来ない場合がございます。予めご了承くださいませ。
※定刻を過ぎた場合は券面のお座席にご案内が出来ない場合がございます。予めご了承くださいませ。
 

<チケット> (全席指定・税込)
バルコニー席:10,000円(各回限定4席)
SSS席:7500円
S席:6,000円
A席:4,800円
 

脚本: フルタジュン(劇団フルタ丸)
演出: 諸江亮

<出演>
森川彩香/平口みゆき/水原ゆき/いけなが あいみ/橋本聖子/縣みりあ/山下英利奈
花畑帆香/真田真帆/園田あいか/今野優月/芦坂早菜/永野愛佳/夏野まほ/速水うた
ほか

バードランドミュージック
エンタテインメント
『 あなたも知らない舞台裏 』

20180710154712_00001butaiura_002

売れない若手演出家・呉原くんに転機がおとずれる。
2.5次元舞台『けまりストライカーズ!』のプロデューサーに大抜擢!

しかし彼を待っていたのは「演劇界の闇」だった……。
虚言!妄言!騙し合い! 枕営業に資金の横領!
上司の悪徳プロデューサーに振り回されてトラブルばかり。
やがて彼は自分が利用されるだけの駒だと気づいてしまう。

「この世は腐ったモン勝ちだ。キレイな奴から捨てられる」
蔓延る芸能ゴロたちがささやく。悪に染まれと誘惑する。
いくらでも代わりのきくこの業界で、彼は自分の価値に思い悩む。

裏切られても、人を信じることで道は開けるか?
演劇は夢いっぱいのエンターテイメント。その舞台裏だけを、あなたに。
 

<期間>
2018年8月15日 (水) ~2018年8月19日 (日)

08月15日(水) 19:00
08月16日(木) 14:00 / 19:00
08月17日(金) 14:00 / 19:00
08月18日(土) 13:00 / 18:00
08月19日(日) 12:00 / 17:00
※開場は、開演の30分前です。
※8/17は両公演とも収録カメラが入ります
 

<チケット>
前売:6,000円
当日:6,500円
(全席指定・税込)
 

脚本・演出: 松澤くれは

<出演>
柏木佑介/フォンチー/林剛史/杉江優篤/秋葉友佑/雨宮慎太朗/浅倉一男/溝口奈菜
中山卓也/永松文太/服部杏奈/町田大和/西田有愛/青山由美子/梅原遊/森勇介
/渡邉公雄/田巻篤/萩野崇
 

オフィシャルサイト www.birdlandmusic.co.jp/anatano/

舞台「朱を喰らうモノの月~標月島編~」

未だに、その存在が、ほのめかされているヴァンパイア。さまざまな伝承を残し、今の世に語り継がれている…。

その多くに共通することは、燃えるような赤い目であり美しい容姿をしているということ。もし彼らが、人知れず国を作り、人間に仇無すことなく、ひっそりと存在していたら。

リアス式海岸と、大小400に及ぶ島々が、繰り広げる西海海域 そこに浮かぶ1つの島は、『標月島(しめつきじま)』。普段はヴァンパイアの結界で守られており、その島の者でなければ、場所を特定することはできない。

しかし、月の力が無くなる新月の日に限り、結界が弱まり『標月島』の姿が、人間や他の生物に、見えるようになってしまうそうだ。
 

<期間>
2018年10月31日 (水) ~2018年11月4日 (日)

10月31日(水) 19:00
11月01日(木) 14:00 / 19:00
11月02日(金) 14:00 / 19:00
11月03日(土・祝) 13:00 / 18:00
11月04日(日) 12:00 / 17:00
※受付開始は開演の1時間前、客席開場は開演の30分前です。
★リピーター特典あり。詳細は公式ホームページを御覧くださいませ。
 

<チケット>
Sシート:前売 6800円/当日 7000円
Aシート:前売 5800円/当日 6000円
(全席指定・税込)

★Sシートは前方席、特典(非売品チェキ)付き。
※Sシート特典は、ご来場時に受付にてどなた扱いのご予約か確認させていただき、引換券をお渡しいたします。
※上演後、受付にて引換えとなります。
 

作・演出: 高島紀彦

<出演>
八島諒/松村泰一郎/登野城佑真/小俣一生/蔵田尚樹/騎田悠暉/古川龍慶
春川真広/阿部大地/石井涼太/船橋拓幹/久保田浩介/酒井昂迪/久保瑛則
黒木歩夢/宮本圭介/咲楽星太/隅田滉太郎/浅倉一男
 

オフィシャルサイト http://szhuwo-stage.com/